スマホだけど、野生動物の写真を撮りたい!

スポンサーリンク

写真大好きっ子のイワナです。

歩いてたらもう、目に映った心ときめくものを手当たり次第、スマホで撮りまくってます。

きれいな空、雲だったり、猫だったり、何でもです。

※人は肖像権の問題があるのでとりませんv( ̄ー ̄)v

学生の頃はデジカメ買って、写真とってたんですが、最近のスマホのカメラは性能が高いので、写真はもっぱらスマホで撮影しています。

でも、やっぱりスマホでの撮影に限界を感じることも多いです。

近くのものを撮影する分には問題ないのですが、遠くにあるものを撮る時に、スマホの拡大では全然上手く撮れないです(TдT)

特に困るのが野生動物の撮影なんですよ(TдT)

野生動物は近づいたら逃げちゃいますからね。特に警戒心の強い鳥なんかは、こっちに気付いたら飛んでいっちゃいます・・・

やっぱり、望遠レンズの一眼レフカメラじゃないと、野生動物の写真撮れないのかな・・・

と心でくじけてしまったら、男が廃るってもんです。

ここは一つ、野生動物に可能なかぎり接近してスマホで撮影してみようと決心しましたヨロ(`・ω・´)スク!

「お金に余裕がなくて高い望遠レンズの一眼レフカメラは買えないけど、野生動物の写真をスマホで撮れるよ!」という夢と希望を与えたいのです(。・ω・)

装備はiphone10です!最大望遠倍率10倍というスマホにしてはなかなかのスペックです!

という訳で、僕の地元、長崎市の野母町に行ってきました!

野母町のバス停

雲一つない抜けるような空です。まさに写真の撮影日和ですね (^ー^* )フフ♪

野母町の空

野母町は、トンビがすごく多いので、トンビを間近で撮れる絶好のスポットです!

さて、さっそくトンビを探しに行きます((((○゜ε゜○)ノ

野母町の港

きれいな海と空(^_^)ウフフ

・・・・・・・・トンビいない( ゚д゚)。。。。

いやいやまだまだ、来たばかり!めげずに探しますよ。

ぶらぶらさるきながら(・ω・。)ノ=з

※さるくとは、長崎弁で歩き回るという意味です。

 

・・・・・・見つからなかったので、車で場所を変えます(´Д⊂ヽ

いないかなー。とんでないかなー。・・・・ん。なんかいる!

電柱の上にいるよ!逃げないように車でゆっくり近づいて、パシャリ!(表現が古い・・・)

そんなこんなで、撮れたのがこれです。

電柱の上のトンビです。崖の上のポニョみたい(^_^)ウフフ(全然似てない)

電柱の上のトンビ
電柱の上のトンビ

車内から撮影したので、窓ガラスのせいで、空が曇ってます(泣)

逃げないように、そーっと車から降りて接近してパシャリ(2回目)

電柱の上のトンビ
電柱の上のトンビ(窓ガラスなし)

窓ガラスがない分キレイに撮れました!それにしても全然逃げる気配がないよΣ(ОД○*)

もっと近づいてみます。

電柱の上のトンビ(接近撮影中1)
電柱の上のトンビ(接近撮影中1)
電柱の上のトンビ(接近撮影中2)
電柱の上のトンビ(接近撮影中2)
電柱の上のトンビ(接近撮影中3)
電柱の上のトンビ(接近撮影中3)

めっちゃ近くまでいけた!電柱のほぼ真下までいけたよ!

よっしゃ!iphone10の望遠倍率10倍だー!!

電柱の上のトンビ(接近撮影中4)
電柱の上のトンビ(接近撮影中4)

界王様(´・ω・`)「残念だったな・・・・今使っておるのが、10倍望遠倍率なのだ・・・」

・・・・これが限界か・・・・。でも結構アップで撮れたのは、意外です!

 

よほど、人間に慣れているのでしょうか。全く逃げる気配がありません。

すり足でゆっくり近づいた僕をあざ笑っているかのようです。

 「とるにたらぬ人間どもよ!支配してやるぞ!!」とでも言わんばかりの佇まいです。

ううっ・・・その佇まいを見ていると思い出す・・・

幼き日の記憶が・・・唯一の釣果だったベラをトンビに奪われた記憶が蘇るΣ(´Д`;) 

 はっ!お前があの時のトンビか!(違います)

なんやかんやで、野母町のトンビは結構近づいても逃げないことがわかりました。

これからもどんどん野生動物に近づいて、撮影していきたいと思いますv( ̄ー ̄)v

コメント

タイトルとURLをコピーしました