WebBrowserからWebView2へ(1)

スポンサーリンク

WEBVIEW2を使用してみる(1)導入編

IEのサポート終了に伴って、.NET系のツールで使用してきたWebBrowser コントロール(IEベースのWEBブラウザコントロール)を代替えしていく必要がありそうなので備忘録をぽちぽち。

調べるとEdge Cronium対応の新たなコントロールとしてWebView2が公開されているみたい。
早速サンプル作成してみて、WebBrowserの互換としての使い方やメリット・デメリットを探ってみたいとおもう。

今回は導入メモ。

開発環境

・ Windows10
・ Microsoft Visual Studio 2019 (VB .NET)

前準備

  • (1)ランタイムのインストール
    以下URLよりエバーグリーンの配布モードの手順を参照。
    ページ内にランタイムのダウンロードリンクあり。

    WebView2 ランタイムのダウンロード ページより
    Get the Link ⇒Evergreen BootstrapperのインストールでMicrosoftEdgeWebview2Setup.exeをゲット

  • (2) NuGetパッケージマネージャーより WebView2のインストール
    バージョンは 安定版の1.0.705.50にしました。

サンプルコード

Form1.vb

ひとまず表示はOKみたい。


あとはDOM操作とかブラウザ上のマウスイベントなんかの気になる処理部分を試してみたいと思います。どうもGetElementByIdとか使えないみたいなのでJavaScript埋め込んで間接的にとらないといけないとか。

ちょっと面倒そうですが、どんどん試していきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました