【博士といく野母崎ぶらり旅 #02:高浜海水浴場編】

スポンサーリンク

スポットF:「高浜海水浴場 ~謎の○○を発見!~」

博士
博士

なんて美しい砂浜なんだ!

リーマン
リーマン

ここが野母崎の高浜海水浴場です。「日本の渚・100選」「快水浴場100選」「日本の水浴場88選」にも選ばれているらしいんです。

博士
博士

そうなのか。これだけ美しければ当然だな。

リーマン
リーマン

もうあんなところに!博士まってください。

リーマン
リーマン

はっはやい。

リーマン
リーマン

もう見えなくなってしまった・・・・

博士
博士

いや~素晴らしい。海岸線だな。

リーマン
リーマン

博士!!いつの間に戻ってきたんですか!!

博士
博士

私の移動速度をなめてもらっては困るな。奥の岩場まで見てきたぞ。

釣りのスポットとしても良さそうだったぞ。

リーマン
リーマン

そうなんですね。今日は釣り道具をもってきてないですから、また今度の機会にしましょう。

博士
博士

そうだな。なんといっても海水浴場といえば、夏が本番だからな!!夏にまた泳ぎに行こうじゃないか。

リーマン
リーマン

はい!!

博士
博士

なんて透明度なんだ。いつまでも眺めていられそうだ。

博士
博士

堤防の上も歩いてみよう。

博士
博士

海と空を一人占めだ。

博士
博士

ここからも軍艦島がよく見えるな!!

そうだ。軍艦島とツーショットでとってくれないか。

リーマン
リーマン

わかりました。(この場合、ツーショットっていうのかな・・・)

博士
博士

このポーズかな・・・なんか違うな・・・

博士
博士

やっぱこれかな。うん。しっくりくる。

リーマン
リーマン

さすが博士!ポーズのチョイスがいちいちレトロですね!

博士
博士

トレンディだろう(ねっとり)。

博士
博士

むっ!あそこに見える島はなんだ!

リーマン
リーマン

博士!また何かを見つけたんですか!

博士
博士

あの陸地から少し離れた小島からパワーを感じる・・・・

まさか・・・

リーマン
リーマン

博士!あそこになにかあるんですか!!

博士
博士

説明はあとだ!!急いであそこに向かうぞ!!

リーマン
リーマン

わかりました!!(博士のこの慌てよう・・・・一体あそこに何が・・・)

我々は、全速力(法定速度は厳守して時速50km)で謎の小島へと向かったのだった。

果たして謎の小島の正体とは!! 直ちに現場に向かう我々だが信じられない事態が!(次の記事へすすむ!)

~ 運命の歯車が今、回りだす ~


 

コメント

タイトルとURLをコピーしました